一級建築士事務所 株式会社eastA

「建築」について我々の業務内容に沿った形でまとめてみました。皆様のご参考になれば幸いです。

住宅の設計[個人住宅集合住宅] リフォーム・リノベーション 商業・オフィスビルの設計 大規模修繕の設計

リフォーム

    住んでいる住宅のリフォーム工事

  • リフォームしようかと考えるきっかけは、様々あると思いますが、大きくは古くなった水回りをどうにかしたいとか、子供の独立によって子供部屋をきれいにして有効活用したいということかと思います。
    長年住んでいて、家のいろいろな所が古くなっていて、何とかしたいと思っていても、設備上の不具合や同居家族数の増減などのきっかけが無いと、実際にリフォームをすることはなかなか出来ないものです。 新築同様に、リフォームもそれなりの決心や決断が必要ということです。であれば、気になるところは出来る限り一度にリフォームしたほうが、精神的にも金銭的にも低負担といえます。
  • 住みながらのリフォームとなると、工事範囲も工事期間も多く取ることは出来ませんが、この機会に見た目だけでなく、快適な住居にかえること(リノベーション)にまで考えを膨らませて、間取りや使用する材料なども検討してみるのがよいと思います。
  • それでも、期間の問題や費用の問題で、部分リフォームのみとする場合に、工事会社によっては割高な見積りを提示したり、在庫品や安価に入手できる器機や材料をその説明無しに進められることもありますので、注意が必要です(最近「パッケージ」と銘打って売られているリフォーム工事がありますが、基本的に決められた範囲の商品を使用し、それ以外は逆に割高なオプション費用がかかる場合がありますので、そこを理解した上で依頼するかを検討しましょう)。
  • リフォーム工事の税優遇制度

  • 住宅ローン減税は、よく知られた税制ですが、リフォーム工事の場合それ以外にも様々な税優遇制度があります。詳しくは、国土交通省HPの住宅税制の概要に載っていますが、

    1. 窓の断熱化やそれと共に行う外壁、天井又は床の断熱による省エネ改修工事

    2. 居住者が50歳以上などの居住者要件や床面積50u以上の家屋要件を満たす住宅の、各種バリアフリー改修工事

    3. 現行の耐震基準に適合しない住宅の耐震化改修工事

    それぞれ、2013年ないし14年まで優遇制度が設けられています。

リノベーション

    リノベーションとは

  • 前々から「リフォーム」は、「=改装」という意味で知られている言葉ですが、「リノベーション」は、数年前から良く使われるようになった言葉です。広い意味では、「=リフォーム」、「=改装」で違いはありませんが、「リノベーション」は、既存建物を改修改装によって、機能や性能を向上させその価値を高めるという意味も含んでいます。 一般的には、より大掛かりな改装工事を「リノベーション」と呼んでいるようです。
  • 私は、住まいの「リノベーション」とは、居住される方にとって、より暮しやすく、より快適な空間に現在の住居を改装し、変化させることと考えています。
  • 住んでいる住宅のリノベーション工事

  • リフォーム工事同様、工事期間は短くしたいところですが、希望する内容を列挙し優先順位を決めて、予算的にも許せる範囲内で、極力一度にリノベーションをしたほうが良いでしょう。また、大掛かりな工事となりますので、新築するのと同じように生涯で一度(か二度)と考え、思い切って改装するように検討しましょう。
  • なお、築年数が古い場合は、見えない部分で改修の必要性に迫られる場合(老朽化した設備配管の取替えなど)がありますので、計画の段階である程度考慮しておいたほうがよいでしょう。また、木造の戸建ての場合は、老朽化による防水の補修や梁・柱の補強なども必要になる場合があります。壊さなければ見れない部分はやむを得ませんが、事前の調査は、必ず天井裏や床下など覗ける範囲は、徹底した調査をしてもらうようにしましょう。
  • 続く。。。
  • 〒151-0073
    東京都渋谷区笹塚2-7-9-604
  • Tel. 03-6276-4831
    Fax. 03-6276-4832
  • メールでのお問い合わせ  Click
  • 事務所概要など詳しくは  [About Us]へ>>